SCROLL
PAGE TOP
INTERVIEW03
採用インタビュー
MOTOYA OGIKUBO
SENIOR CONSULTANT
タグピクに転職した決め手は?
前職は経営コンサルタントとして働いていたのですが、スピード感のあるベンチャー企業で経験を積みたいと思い、成長領域であるSNSマーケティングに力を入れているタグピクに入社を決めました。
今までは第三者的な立場でクライアントと関わっていたので、D2C事業のような自らが事業主としてブランディングやサービスを提供するのも初めてでした。将来的に、分野問わず横断的に活躍できる人材になりたいので、タグピクの仕事は僕にとってチャンスだと思っています。
MOTOYA OGIKUBO
仕事の面白みは?
SNSの運用は、企業のブランディングや価値の向上に大きく寄与できるから面白い。一方で、直接企業の利益に繋がっているのかはまだ測りきれないこともありますが、だからこそ、実は様々な手法がある。自分が知らない領域なので、わくわくしながら学んでいきたいですね。
また、前職で鍛えられたロジックで物事を考える力を生かせるのも面白みの一つ。ここは僕のアドバンテージだと思うので、重要な意思決定の場で力を発揮できるように意識しています。
MOTOYA OGIKUBO
タグピクに向いている人はどんな人でしょう。
マーケティングの視点を持っていて、なおかつSNSを含めたWEB領域に挑戦したい人にぴったりな環境です。 その2点を押さえていれば、前職の業種に関わらず、どんな分野の方でも活躍できると思います。タグピクはクライアントの幅も広いですしね。
僕の理想は、様々な分野のスペシャリストたちが集まった組織です。少年漫画ワンピースに出てくる「麦わら海賊団」みたいな(笑)。ルフィは航海術や剣術を持っていないけど、ゾロやナミのようなメンバーが補って、バランスの良いチームになっていますよね。そんな感じで、違った長所を持つ者同士が補いながら働ける組織を目指していきたいです。
MOTOYA OGIKUBO
MOTOYA OGIKUBO
SENIOR CONSULTANT
新卒でコンサルティングファームへ⼊社。全国の住宅・不動産業界、オート業界、士業業界を対象に経営コンサルティングに従事。上流の戦略立案から現場レベルの営業同席まで幅広いコンサルティングを経験。タグピクへ⼊社し現職に⾄る。