SCROLL
PAGE TOP
INTERVIEW04
採用インタビュー
JUNYA OKIYAMA
DIRECTOR
“タグピクのここは素敵!”というポイントがあれば教えてください。
代表をはじめ経営陣との距離が近いというところが1番魅力的だと感じます。距離が近いことで、実際に感じる事が社員やインターン問わず意見を言える環境であると言う事です。実際に、インターンがこんなことやってみたい!と言う意見が採用されたケースもいくつかあり、このような事が実現できるのは、最終の意思決定を下す代表との距離が近いからこそ可能な事だと思います。
新卒で入社した僕ですが、入社当日に自分のデスクが代表の隣という事を知りある意味、この環境下で仕事ができる喜びと不安でいっぱいでした。笑
その他、しっかりとフィードバックをして頂ける環境でもあり、自分の良い点や改善点など明確に指摘をしてくれるので、日々の成長に繋がっているのが強く感じます。1人に対してしっかりフィードバックをしていただける環境は本当に素敵だと感じています。
JUNYA OKIYAMA
働いている人は、“キラキラした”社員が多いんですか?
はい!社員全員が常にキラキラ輝いています!!常に代表をはじめ経営陣が最前線で輝いているからこそ、輝いている人が集まるのかと思います!
採用の基準でもあるホスピタリティ精神が高い人とあるのですが、単に気が利くだけでなく何か祭典(誕生日など)があった時に、全力でもてなす事ができ一緒にお祝いを楽しむ事ができる事も大切なのかと感じます。誕生日の場合、本人より企画者が1番楽しみにしていたり、自分の事かのように喜ぶそんなメンバーが集まっているからこそキラキラしている社員が多いのかと思います(笑)
JUNYA OKIYAMA
尊敬する先輩はいますか?
僕の尊敬する先輩は白井さんです!理由としては、ズバ抜けた判断能力と課題解決能力です。何が問題で、その問題をどうすれば解決できるかの判断スピードが本当に早いと感じています。いかに早く相手の問題に対して課題解決策を見つける事が大切だと思うので、課題解決能力がまだまだ弱い自分にとって本当に尊敬できる先輩です。
JUNYA OKIYAMA
JUNYA OKIYAMA
DIRECTOR
1995年生まれ。1.3万のフォロワーを持つインスタグラマー。大学時代に、インフルエンサーとして活動し数多くのプロモーションを実施。卒業後は、インフルエンサーとして活動してきた経験を活かす為、2018年6月よりタグピク株式会社にディレクターとして参画し、多数のキャスティング案件の実績を有す。

Instagram アカウントはこちら。
ENTRY
エントリーはこちらから